就職試験の面接対策(日産)

日産自動車の就職試験を例にあげて説明します。

就職試験はエントリーシートの提出から始まり、筆記試験、面接試験と続きます。
日産自動車の場合は筆記試験の代わりにweb試験となっています。

内容はSPIですが、対策をしていないと時間が足らずにまったく解けないでしょう。
事前にSPIの対策をとっておいたほうがいいでしょう。

あと、英語に関しては、今から長文などを読み、読むスピードを上げておいたほうがいいと思います。

web試験なので、計算問題は電卓を使用することもできますし、英語の試験では電子辞書を使うことも可能です。
ですので、これらの機器を使う練習もしておいたほうがいいと思います。

これで筆記試験はクリアできると思いますが、最大の壁は面接対策です。
日産自動車の場合、面接が1時間程度あります。

他の会社よりも長いと思います。
そのぶん、本来の自分をしっかり見てもらえます。
直前に作った考えなどはすぐに見抜かれます。

面接対策としては自分の中に核となる意見を持つようにしましょう。
今の段階から物事に興味を持って考えることが合格につながると思います。

就職試験の面接対策(ホンダ)

自動車産業の中でも人気の高い企業の一つであるホンダ(本田技研工業)について紹介したいと思います。

就職試験は筆記試験対策と面接対策と大変なので、早いうちから取り組んでおいたほうがいいと思います。

エントリーシートは時間をかけて、しっかり書けば通過できると思います。

ホンダのwebテストは数学・算数、国語・漢字、性格テストになっています。
難易度はそれほど高いものではありません。
しかし、時間には気をつけてください。

次に大切になるのは面接対策です。
一次面接は、技術系の方と一対一で行われます。
どのような面接官とあたるかはわかりません。

和やかに話していただける人や少し圧迫ぎみに話しをされる人などいろいろなタイプの方がいます。
基本的には技術系の仕事であるため、圧迫面接の可能性は低いと思います。

その後、最終面接があります。

最終面接は技術系の方が二人と人事の方が一人の合計三人対一人での面接となります。
質問される内容はエントリーシートに記入した内容に近いです。

しかし、最終面接ということもあり、一つ一つの質問に対して、それぞれ厳しい突っ込みがあると考えてください。

あと自分が勉強しているテーマや興味があるテーマに関しては技術的なことも押さえておく必要があると思います。
就職試験は面接対策がメインとなります。

しかし、一度自分について考えしっかりと面接対策を行えば、その後の面接対策はそれほど難しくないと思います。
これから就職試験を受けようと思っている方、頑張ってください。

就職試験の面接対策(NEC)

NECの紹介をしたいと思います。

半導体産業では国内トップクラスの業績を誇り、世界の中での注目されている企業の一つです。
日本ではパソコンなどが有名だと思います。

それでは、ここからNECの就職試験について紹介します。

まず、NECの就職試験は細かく分かれています。
自分がNECに入って何がしたいのかをしっかり考えて、希望の職種にエントリーしてください。
職種によってそれぞれ違う採用試験をしているようです。

しかし、全ての職種にもいえると思いますが、面接が非常に重要視されます。
これで合否が決定するといっても過言ではないと思います。

実際にはエントリーシートと筆記試験がありますが、これは受験生の足きりに利用されて、面接で採用を決定するといった感じで進められていると思います。
最終的に大切なのは知識や技術ではなくて人間力です。

それでは一つの職種に関して紹介したいと思います。

今回はSEの採用試験です。
まず、筆記試験ですが形式はマークシートです。
数学と国語となっています。
面接での質問内容ですが、NECでやりたいこと、自分のこと(自己PR)、ストレスの対処法、志望動機などです。

他の会社でも聞かれるような一般的なことがほとんどです。

面接官の人に熱意が伝われば大丈夫です。
面接対策は一度行えば、後々の面接対策にも利用できます。

NECだけではなく、全ての企業が人間力を重視している傾向にあると思います。
これから就職試験を受けるみなさん、体に気をつけて頑張ってください。

就職試験の面接対策(パイオニア)

パイオニアについて紹介したいと思います。

パイオニアといえば何を思いつくでしょうか。

一番有名なのはオーディオだと思います。
DJ関係の商品なども多く出し、非常に人気のあるオーディオメーカーの一つです。

最近になり、プラズマディスプレイなども有名になってきています。
その他にもカーナビなどでも非常に人気があります。

カーナビやカーオーディオではパイオニアではなくカロッツェリアというブランド名で商品展開を行っています。
シェア・人気ともに国内トップレベルです。

また、オーディオやテレビでも非常に根強いファンを持っています。

他のメーカーと比べて価格などは高い傾向にありますが、性能・デザイン・ブランド力などから、人気は衰えていません。

それでは、パイオニアの就職試験を紹介したいと思います。

エントリーシートの内容は、研究しているテーマについて・自分が持っている資格やスキルについて・希望している職種・自分がどのような分野に携わって仕事としたいか・学生時代にしたこと・技術力以外に技術者に必要なこと・などです。

筆記試験は数学・国語・性格テスト・クレペリンとなっています。
時間との勝負となる試験なので、事前にしっかり練習しておいたほうがいいと思います。

最後に面接対策を紹介します。
雰囲気としては和やかで、問われる内容としては学生生活やエントリーシートの内容に沿った質問などです。

面接対策をしっかりしておけば、内定をもらえる可能性も増えます。
十分に時間を使って、対策をしてみてください。

就職試験の面接対策(東芝)

東芝について紹介したいと思います。

現在の東芝の前身は東京芝浦電気という会社名で、後に東芝に改名されました。
私達になじみがあるのは、やはり家電だと思います。

特にパソコンなどは非常に人気があり、7年連続で世界のシェアのトップを獲得したことがあります。

また、携帯電話なども非常に人気があります。

特徴としては電波が良いということです。
携帯の使用頻度の高い人なら、電波の状態は非常に重要になってくると思います。

最近ではテレビやレコーダー類も人気があり成長途中の企業の一つだと思います。
 

それでは、ここから東芝の就職試験について紹介しようと思います。

まず、エントリーシートの内容は研究内容(約1000文字程度)、将来やりたいこと(500文字程度)、自己PRや志望動機など(1000文字程度)、意見や要望など(1000文字程度)です。

他の企業のエントリーシートと比べるとボリュームは多いですが、その分、自分をしっかり表現することができると思います。

筆記試験はマークシート形式の試験となっていていますが、それほど難しい問題ではないので大丈夫だと思います。
 

次は面接です。

就職試験に対する面接対策が最も合否にかかわると考えてもいいと思います。
しっかり面接対策をしておけば、合格への道も一歩近づきます。

質問内容としては、やはり学生時代の内容がメインとなります。
研究内容や自慢できるところなど、面接の事前からしっかり考えておけば、大丈夫だと思います。

就職試験の面接対策(ソニー)

ソニーについて説明したいと思います。

そろそろ就職試験に向けて筆記試験対策や面接対策をやられている方は少なくないのではないでしょうか。

ここからソニーの就職試験の概要を説明します。

まず、第一にエントリーシートです。
エントリーシートに書く内容は毎年違いますが、大筋はよく似ています。
まずは、希望職種に対する志望動機です。
そのほかは入社してからのビジョンや大学での研究に関する質問などです。
これらは時間をかけて書けば大丈夫だと思います。

次は筆記試験です。
こちらは、web試験となっています。
本屋などによく売っているSPI対策の問題集を何冊かやっておけば大丈夫でしょう。

最後に一番問題となる面接対策です。
一次面接は大学生活について詳しく聞かれます。
特に研究に関しては、自分でしっかり煮詰めておいたほうがいいと思います。
技術面などもしっかり押さえておいたほうがいいと思います。
あとは他の会社の面接と同じような内容の質問です。
ソニーの場合は特に研究に関する質問が多い傾向があります。

二次面接も同じような内容を聞かれます。
一次面接と同じことを聞かれたからと言って、全く同じことを二度繰り返して言うようなことはしないほうがいいと思います。
言っている内容が同じでも言い回しを変えて話すと良い印象を与えると思います。

最終面接はエントリーシートの内容と希望職種などの確認となっています。
ソニーを受験しようと考えている方、頑張ってくだい。

就職試験の面接対策 (キヤノン)

キャノンについて紹介します。

就職試験は筆記試験と面接試験に分かれていて、メインとなるのはやはり面接試験でしょう。

では、どのような面接対策をすればいいのでしょうか。

まず、最初は筆記試験とエントリーシートの紹介をしたいと思います。

エントリーシートは主に卒業論文の内容を要約したことを書くようになっています。
あとはチャレンジしてみたい技術関係の仕事や自己PRがメインとなります。

次は筆記試験についての紹介をします。

筆記試験は主にマークシート関係の問題です。
数学は主に専門の問題が出題されます。
共通の問題としては、微分方程式、積分など基本的な問題となります。

その後の選択問題が専門の試験となります。

しっかりと対策しておけば大丈夫でだと思います。
 

あと国語と性格テストなどSPIに関連した問題となっています。
ここからは就職試験で一番やっかいな面接試験の面接対策を紹介します。

面接一番重要となるのは、やはり自己分析だと思います。

時間をかけて、しっかり自己分析をすれば問題ないと思います。
これは後々の就職試験に必ず役立つと思います。

また、キャノンは他の企業に比べて人物を重視して採用を決めているので、面接対策に一番時間をかけることをオススメします。

大手企業の採用試験を受けるかたは、いろいろ大変でしょうが、自分に自身を持って頑張ってください。

就職試験の面接対策(キーエンス)

給料ランキングや年収ランキングで常に上位にランキングしているキーエンスについて紹介したいと思います。

キーエンスの平均年収ですが、平均年齢32歳で1350万円程度です。

30代前半で1350万円とはすごいです。
実際、大手のメーカーでもこれほど高額な収入を得ることは難しいと思います。

それではキーエンスとはどういう会社なのでしょうか。

キーエンスとは企業などが開発や実験などで使用する機器をメインに販売している会社です。

一つ一つの単価が高い商品を扱っていて、需要と供給のバランスのとれた商品であるから、社員にこれほど高額な給料が払えるのだと思います。

キーエンスの社風として、人件費は費用ではないという考えがあります。
これは一般の企業では真似できないと思います。

また、営業などの仕事をする人でも技術的な知識を備えておかなくてはいけないので、理系の方が営業などにまわることも多いようです。

それでは、これからキーエンスの就職試験について紹介したいと思います。

まず、エントリーシートですが、これは履歴書のみとなっています。

その後の筆記試験や面接試験は同時に行われます。
筆記試験は30分程度で内容は簡単なものです。
数学と国語が試験科目であり、時間との勝負となる問題です。
 

次は面接対策です。

面接対策としては、まずスムーズに話すことができるかが大切です。
営業職が非常に重要になるので、面接は重視されると思います。
質問内容に関しては毎年変わるので、柔軟な頭を持つ必要があると思います。

日ごろから頭を早く回転させる練習をしておいたほうがいいと思います。
あとは、自信を持って話せるようにしておきましょう。
最後の面接は意思確認程度の面接なのでリラックスして受験すれば大丈夫だと思います。

就職試験の面接対策(NTTドコモ)

携帯産業、最大手のNTTドコモの紹介をしたいと思います。

最近ではソフトバンクやウィルコムなどの参戦で携帯市場も競争が激しくなっていますが、NTTは業界トップを死守していいます。

就職したい企業の中でも、常に上位にランキングしています。

それでは、NTTドコモの就職試験案内をしたいと思います。

まず、エントリーシートですがこれはwebで送信する形式となっています。

記入する内容としては、自分が興味あるフィールドとは何か、そのフィールドを選択した理由とは何か、入社後に取り組んでみたいこと、顔写真です。

顔写真についてはアップロードする形式となっています。

筆記試験はweb試験となっていて、SPI形式の問題となっています。
教科は数学と国語となります。

いくつかの問題集で練習しておけば参考になると思います。

それでは次に面接対策です。

就職試験での面接対策はもっとも重要な項目となるので、時間をとって自分を見つめなおしてみてください。
面接で聞かれる内容ですが、志望動機ややりたいことや学生時代のことです。

あとは、エントリーシートに沿った内容となっています。

面接回数は2回となっています。

就職試験に対していろいろな不安があると思います。
就職試験を控えている方は、ぜひセミナーやOB訪問をしてみてください。

実際にその会社で働いている方の話を聞けば不安が和らぎ、新しい目標ができると思います。

また、セミナーやOB訪問は就職試験の際に有利に働くときもあります。
面接官は受験生の情報を完璧に持っています。

どのセミナーに参加したかとか、OBと何回程度会って話をしているかなど。
大変だとは思いますが、しっかり頑張って合格を勝ち取ってください。

就職試験の面接対策(銀行)

今日、銀行などの金融機関への就職人気が広まっています。

実際、他の業種と比べると経営が安定しているからでしょうか。

今の社会では、いくら大きな会社でも何があるのかわからないのが現状です。

だから、より安定した会社が人気になるのだと思います。

では銀行に就職するにはどうすればいいのでしょうか。

それは他の就職試験とほとんど変わりありません。

筆記試験を受け、面接試験を受けるという流れです。

どの採用試験にも言えることだと思いますが、筆記試験よりも面接試験のほうが重要視されると思います。

銀行の面接対策としては、まずグループ面接になれることです。

実際、ほとんどの方がグループ面接を経験したことがないと思います。

しかし、グループ面接は非常に重要になってきます。

一人で話してばっかりして、他の人の意見を聞かないのは悪い印象を与えると思います。

しかし、じっくり相手の話ばかり聞いていて自分の意見をしっかり言えないのもいい印象は与えないでしょう。

しっかり聞いて自分の意見を素早くまとめて話せるように練習しておいたほうがいいと思います。

これは学校の友達や先生などを利用して練習を繰り返し行うほうがいいでしょう。

最初は慣れないと思いますが、そのうちグループ面接に対する拒絶反応がなくなり、リラックスして取り組むことができるようになると思います。

その後の個人面接は他の就職試験と同じような感じです。
一般的なことを聞かれます。
マナーなどに気をつけて頑張ってください。